Marimekko デザインの世界

マリメッコのデザインは、何で強いのか?

毎シーズン生まれては消えていく商業デザインの世界で、マリメッコのデザインは圧倒的な強さを持っています。
人はそのデザインをいいと思うとき、たいてい理由もなく惹きつけられるものです。しかし、強いデザインには必ず理由があります。
「色がカラフルで柄が大ぶりなのでオシャレに見える」。こういう印象は表側の話です。マリメッコのデザインには、もっと深く一貫した理由があります。
その理由を歴史と共に紐解いてみたいと思います。

マリメッコとは

大胆な柄と美しい色彩感覚で独自の世界観を醸し出すフィンランドのファブリックブランド「マリメッコ」。デザイナーの個性が強く強調されたテキスタイルは時代を超えて愛されており、ケシの花をモチーフにした「ウニッコ柄」はあまりにも有名です。
インテリアやファッショングッズ、雑貨など幅広いプロダクトを通し、唯一無二のライフスタイルを提案しています。

マリメッコの歴史

歴史の始まりは1951年。「大胆で個性的なデザイン」をビジョンに掲げ、ファブリックの女王と称されたアルミ・ラティアとその夫ヴォリオによってフィンランドで創業されたマリメッコ。アルミを筆頭に若いアーティストを集め、ヘルシンキでファッションショーを開催。その中でも創業時のデザイナーであるマイヤ・イソラが手掛ける斬新な柄と美しい色彩は注目を集め、マリメッコというブランドを生み出すまでに至りました。ケシの花をモチーフにしたUNIKKOを代表作に、半世紀以上たった今もなお、国や世代を超えて愛され続けています。

女性が主役

マリメッコというブランドが特異な性格をもっているのは、何より女性が主役という点があります。マイヤ・イソラからマイヤ・ロウエカリまで歴代のスターデザイナーはみな女性。創業者のアルミ・ラティア、前CEOのキルスティ・パーッカネンと、経営者として伝説的な辣腕をふるったのもことごとく女性でした。経営者が男だった80年代は、なぜか倒産寸前までいったくらいです。
「マリーちゃんのドレス」というブランド名が示すように、マリメッコは立ち上げ当初から「自立した女性の魅力」をテーマにしていて、それをちゃんと女性の力で作っていることに大きな個性があります。

マイホームから生まれるリアルデザイン

そのため、マリメッコのデザインの多くは家庭から立ち上がってきます。
例えば魚、果物といったキッチンに関係するモチーフ。野菜やケシの花といった家庭園芸のモチーフ。
その家庭の延長で、今度はJURMOのような故郷の景色に、そしてKAIKU(下)のような故国フィンランドの風景へと広がっていきます。

家にしろ故郷にしろ故国にしろ、ようはすべてホームという感覚です。自分のホームからデザインを引きだしてくる、ちゃんと自分の中にある肌感覚のようなものからデザインを引きだしてくる。そういう「確かさ」みたいなものがマリメッコにはあります。
ウェアブランドとしてスタートしながら、本質的にはホームウェアブランドだというのも、こういうことが関係していると思います。

有機的で揺れ動くような感覚

この肌感覚の味わいがいちばんわかりやすいのは、線の扱いです。マリメッコのデザインは、たいてい線が歪んでいます。多くが手描きで始まるため、有機的な線になったものが多いです。

カラフルでポップなデザインを打ち出すブランドはほかにもありますが、マリメッコのように、有機的な歪んだデザインはなかなかありません。マリメッコの根っこは、計算式では出ない有機的な揺れです。
デザインはパソコンではなく、スケッチ、水彩画、切り絵などフリーハンドで始まります。実際に採取してきた葉っぱや木の枝を紙に貼って、コラージュするデザイナーもいます。
このアナログ感が、シルクスクリーンなどでプリントされ製品となったあとも、線や色彩の揺れとなって匂いを残しつづけます。

21世紀になって見直された伝説のデザイナー

マリメッコを象徴するデザイナーといえば、マイヤ・イソラです。マリメッコの明るくグラフィカルなデザインは、マイヤによって始まったものでした。
そもそもマリメッコという会社は、マイヤのデザインに感銘を受けたアルミ・ラティアがプリントファブリック会社のオナーである夫に持ちかけ、立ち上がった会社です。1951年のことです。
以降、マイヤは36年にわたり500以上もの作品をマリメッコに残してきましたが、中でもいちばん有名で、マリメッコのシンボルとなっているのが、ケシの花をモチーフとしたUNIKKOです。

「プリントの花は、自然界の花には決して適わない」という理由で、創業者のラティアは花をデザインすることを禁じていました。ところがその禁を犯してマイヤが心赴くままにデザインしたのが1964年発表のUNIKKOでした。マリメッコをめぐるもっとも有名なエピソードです。
マイヤという人は多分に芸術家肌だったようです。アトリエの床はデッサンでいつも散らかり放題、おまけに放浪癖もあったようで、油絵とテンペラ画の画家として各地で個展も行う一面もありました。
今でこそUNIKKOはマリメッコの象徴ですが、実は2000年以降にブームになった柄です。マイヤは2001年に亡くなっており、存命中においては、彼女のデザインの多くは忘却されていました。21世紀になって復刻され、その仕事が見直された人でした。
UNIKKO(ウニッコ)

ケシの花をイメージした柄で、1964年にデザインされました。マイヤの代表作というにとどまらず、マリメッコを象徴する柄として不滅の人気。
KIVET(キヴェット)

キヴェットは石の意味。1956年、マイヤの初期を代表する傑作で、ひとつひとつ微妙に形の違う石がフリーハンドでごつごつと描かれています。
LOKKI(ロッキ)

1961年の作品。ロッキと題されたシンプルな波形デザイン。飛翔するカモメをデフォルメしている。
MUIJA(ムイヤ)

意味は老女。不恰好なドットが四葉のように集い小紋を描いたデザイン。1968年発表。
KAIVO(カイヴォ)

1961年の作品。ロッキと題されたシンプルな波形デザイン。飛翔するカモメをデフォルメしている。
TUULI(トゥーリ)

1971年のデザイン。樹木がたなびくシルエットでフィンランドの風をデザイン化している。

ユニセックスデザインのパイオニア

1930年生まれ、マイヤと並ぶマリメッコデザインのパイオニア的存在です。
ヴォッコは何よりマリメッコのデザイン哲学を方向付けたといえる人で、ユニセックスな女性像、強い女性像を打ち出しました。
1953年に発表したPICCOLOは、2本の手書きのストライプを重ねてプリントすることにより3本目の色合いが滲みでできるという傑作ですが、このPICCOLOで作ったシャツJOKAPOIKA(ヨカポイカ / 写真)が、ヴォッコのデザインを象徴しています。

「プリントの花は、自然界の花には決して適わない」という理由で、創業者のラティアは花をデザインすることを禁じていました。ところがその禁を犯してマイヤが心赴くままにデザインしたのが1964年発表のUNIKKOでした。マリメッコをめぐるもっとも有名なエピソードです。
マイヤという人は多分に芸術家肌だったようです。アトリエの床はデッサンでいつも散らかり放題、おまけに放浪癖もあったようで、油絵とテンペラ画の画家として各地で個展も行う一面もありました。
今でこそUNIKKOはマリメッコの象徴ですが、実は2000年以降にブームになった柄です。マイヤは2001年に亡くなっており、存命中においては、彼女のデザインの多くは忘却されていました。21世紀になって復刻され、その仕事が見直された人でした。
PIRPUT PARPUT(ピルプトパルプト)

ドットで作られた迷宮のようなデザイン。1958年発表、ヌルメスニエミ最大の傑作。ピルプトパルプトとはフィンランド童謡からきている言葉。
PICCOLO(ピッコロ)

1953年に発表された名作。2本の手書きの縞を重ねてプリントし、そこに生じる色合いの効果を生かしている。このピッコロ模様を使ったヨカポイカシャツがブレイクした。
NADJA(ナディア)

ナディアと女性の名前がつけられた花粉のようなデザイン。今日の北欧デザインによく見られるテイストだが、発表は1958年という。

アノニマスなデザインを目指して

1936年生まれ、マリメッコでは第2世代を代表するデザイナーです。
もとはマリメッコの子供服部門で仕事をしていたのですが、ヴォッコがマリメッコを去ったため、その後任としてファッションデザインを任されることになりました。
何より等幅ボーダーTASARAITAのデザイナーとして知られている人です。

「ジーンズに似合うシャツ」として1968年に登場したTASARAITA柄のシャツは、その後爆発的なブームを巻き起こし、フィンランド人のライフスタイルを一変してしまったと言われています。シャツだけでなく、下着から食器類と、次々にTASARAITAは生活の場に入っていきました。
アンニカのデザインの特徴は大きく2つあると思います。
1つはこのTASARAITAに象徴されるようなシンプル主義。フィンランド近代デザインの巨匠カイ・フランクなどの影響を受けた彼女には「良いデザインにはデザイナーの名前は必要ない」という匿名性の考えがあったようで、その考えは、TASARAITAのような、シンプルをきわめた匿名的デザインに凝集しています。
もう1つの特徴は、60年代後半から70年代のヒッピー感覚を備えている事。メキシコ旅行から生まれたPAPAJOやKARAKORAには、プリミティブなデザインへ回帰しようとする動きがあります。
PAPAJO(パパヨ)

プリミティブなテイストを持った1960年代発表のパパヨ。細かい波が折り重なったようなデザインはメキシコのリズムをイメージしているという。
PALLO(パッロ)

大きなドットがランダムに配置されたパッロ。1970年に発表され、パッロジャージーという服で有名になった。幾何学的なドット柄パッロもある。
KARAKORA(カラコラ)

マヤ文明の天文台遺跡チチェン・イツァがイメージソース。パパヨと同じこちらも1960年代の作品で、アニカのメキシコ旅行体験がもとになった名作。
PUKETTI(プケッティ)

小さな花がいくつも集まりブーケを形づくったデザイン。1964年発表。ズームした場合と引きでプリントした場合とで見た目が変わる。
TASARAITA(タサライタ)

1968年、ジーンズに合うシャツとしてデザインされ一大ブームを起こした。幅広の等間隔ボーダーで、マグカップにまで反映される今も人気のデザイン。
PIPPURIKERA(ピップリケラ)

1963年発表、粒胡椒がモチーフ。ズームすると無数の花びらを持つタンポポのような花に見えるなど、プケッティと同じく、多彩な表情を楽しめる。

現マリメッコのエースデザイナー

マイヤ・ロウエカリは1982年生まれの若いデザイナーです。
2003年、学生時代に、マリメッコ社主催の若手向けデザインコンペ「University of Art and Design」でグランプリを獲得し、以後、フリーランスとして活躍しながら、マリメッコではたくさんのヒットデザインを生みだしています。
そのときのグランプリ作品が、今もマリメッコのラインアップとなっている「HETKIA/MOMENTS」という作品です。

このデビュー作が示すように、ロウエカリは、テキスタイルデザインというよりはイラスト専門のデザイナーです。RASYMATTOのような抽象デザインのヒット作も生みだしていますが、「長くつ下のピッピ」や「ムーミン」に影響を受けたと語っており、そのためかポップで物語性のある作品が多く、デザインも具体的、細かい線を描きこんでいくものが多いです。
2000年以後いちばん人気のデザイナーで、複雑な色と線をグラフィカルなデザインにまとめていくセンスで際立っています。
RASYMATTO(ラシィマット)

「使い込まれたラグ」というネーミング。2009年に発表され、マリメッコを代表する人気デザインに。手描きふうの歪んだドットがお団子のようにくっついている。
LAPPULIISA(ラップリーサ)

ラップリーサとは交通監視員という意味で、信号や交通標識を丸いモチーフにデザイン化している。ポップでサイケな色彩感覚が弾けた名作。
SIIRTOLAPUUTARHA(シイルトラプータルハ)

2009年発表のシイルトラプータルハは市民菜園という意味。植物が色と線でうねりだす、ロウエカリらしいポップでサイケなデザイン。
PUUTARHURIN PARHAAT(プータルフリン パルハート)

「庭師の傑作」という意味の2009年発表作。シイルトラプータルハと同趣向のデザインで、野菜や植物などをうねるような線で描いている。
HETKIA/MOMENTS(ヘトキア/モメンツ)

マリメッコ社主催の若手向けデザイン大会、2003年グランプリ作品で、ロウエカリの実質的なデビュー作。イラストレーターとしての特性が出ています。
KAIKU(カイク)

HETKIA/MOMENTSと同じくベタ塗りの色彩と黒線で構成した初期ロウエカリらしいイラスト。白樺に湖、フィンランドの自然をテーマにしている。2004年発表。
ALKU(アルク)

豆形のパーツは「始まり」を意味する花の種がモチーフ。いずれ美しく咲き誇る花々へと成長する、その始まりを描いている。
PIENET ELOKUUN VARJOT (ピエネット エロクーン ヴァルヨット)

ホームガーデンからインスピレーションを受け、「8月の影」という意味。シックな色合いの草花を繊細なタッチで描いている。
マイヤ・ロウエカリがデビューした2年後、アイノ・マイヤ・メッツォラが同じくマリメッコ社主催の若手向けデザインコンペでグランプリを獲得して登場します。KOMPOTTIに見るような鮮やかな色彩感と有機的な線でロウエカリに続く人気デザイナーとなっています。
また、日本人デザイナーの石本藤雄のいくつかの作品など、発表から何十年経ても古めくことを知らない普遍的なデザインが多く、このアーカイブの層の厚さが、マリメッコの強みとなっています。
アンナ・ダニエルソン
FOKUS(フォクス)


焦点と題された2001年発表のデザイン。小さな手描き風ドットが無数に集まり、大きな同心円を描いている。プリントの解像度で表情が大きく変わる。
ペンッティ・リンタ
ASEMA(アセマ)


アセマとはフィンランド語で駅という意味。不定型な楕円模様が駅に集まる人のように蝟集したデザインで、人気柄の1つです。
サンナ・アンヌッカ
HAUKI(ハウキ)


2011年に発表された新世代のデザイン。北欧家庭料理の定番カワマスをモチーフにした、ドットと色遣いの美しい作品です。
アイノ・マイヤ・メッツォラ
KOMPOTTI(コンポッティ)


コンポッティとは果物をシロップ漬けしたお菓子コンポートのこと。2012年発表。家庭、特に台所に繋がるデザインが多いのはマリメッコの特徴。
アイノ・マイヤ・メッツォラ
JURMO(ユルモ)


メッツォラ自身がかつて住んでいたアーキペラゴに浮かぶ小さな島、ユルモをデザイン化した作品。岩と波と海が手描き風のドットで重ねられています。
石本藤雄
UJO(ウヨ)


ウヨとはフィンランド語で恥ずかしがり屋の意味。アンニカのTASARAITAと同じ等幅ボーダーながら、こちらは歪みが味わいを出しています。
エプロン
UNIKKO


定番ウニッコ柄は鮮やかな色使いと大胆な大柄でキッチンを華やかに演出してくるデザイン。マリメッコを象徴するアイテム。
プレイスマット
PIENET ELOKUUN VARJOT


北欧ならではの草花モチーフ。トーンを押さえた色遣いも秀逸で、食卓に彩りを添えてくれる。
トートバッグ
SIIRTOLAPUUTARHA


シイルトラプータルハ柄のカラーバリエーション違い。日常に現代アートのような要素を生み出すトートバッグ。
ゲストタオル
PIEKANA


石本藤雄が手掛ける野鳥のケアシノスリをイメージするピエカナをタオルにデザイン。和テイストを感じる不思議な味わいを持っています。
折りたたみ傘
RASYMATTO


ロウエカリの傑作ラシィマットを傘にデザインする面白さ。サークル模様が傘の大きさになるとよりリズミカルな重なりを楽しめます。
ポーチ
UNIKKO


フィンランドで栽培した植物から抽出した染料「ナチュラルインディゴ」を使用したウニッコ柄。北欧らしいナチュラルな色合いです。
トートバッグ
AHKERA LOGO


マリメッコのブランドロゴを大胆な大柄に配置したトートバッグ。シックな色遣いで落ち着いたトーンで仕上げた人気のデザイン。
トートバッグ
ALKU


花の種を表現したアルク柄はまさに北欧らしいデザイン。デザイナーが意図する歪みを味わうのにおすすめです。
ハンドタオル
UNIKKO


定番ウニッコ柄の中でもストライプ柄を組み合わせたバリアント。大柄でも優しいトーンで大人らしい逸品。