イタリアワイン輸入・販売会社Vino Hayashi(ヴィーノハヤシ)では「まかないワイン」というユニークな福利厚生があり、夕方の業務終了後、社員みんなでワインを飲んでいます(だいたい毎日)。
楽しいのはもちろんですが、ワインを勉強する一環なので真剣です!

登場人物は、おなじみの社長のはやし、営業女子のマテリカさん&バルベラさん、大型新人マックス&モンテちゃんです。
はやし....
Vino Hayashi代表取締役。 愛知県出身。B型。
兄であるソムリエ林基就と共に、2010年にVino Hayashi設立。イタリア中を車で巡り、100カ所を超えるワイナリーの取材・撮影を行う。ワインを口にし目を閉じると、そのワインが育まれた土壌、気候、風、ブドウの生育状態を感じることが出来る。
人が増えて嬉しい反面、事務所がワインと人でパンパンなのが悩みの種・・・・・

マテリカさん....
Vino Hayashiの営業を担当するアラフォー女子。東京都出身。B型。
イタリア留学経験があり、イタリアソムリエ協会認定のソムリエ資格保有。「ワイン飲みたい!」という情熱は全スタッフ中、1番かも。
毎日就業時間が近づくにしたがって、ワインが恋しくなってきます。
人が増えて嬉しい反面、まかないワインを分けた時に、量が物足りないのが悩みの種・・・・

バルベラさん....
Vino Hayashiの営業を担当するアラフォー女子。神奈川県出身。A型。
イタリアソムリエ協会認定のソムリエ資格保有。イタリアの星付きリストランテでソムリエとして勤務した経験有り。テイスティングで答えを出すのは1番早い。
テイスティングのひとくち目で「わたしわかった!」発言がお得意。
人が増えて嬉しい反面、私のボールペンをみんな勝手に使って紛失するのが悩みの種(泣)

マックス....
Vino Hayashiのニューカマー。大阪府出身。B型。
ヴェネツィアに住んでいたことがありイタリア語堪能。長身でモデル経験もあり! 筋トレとプロテインが大好物!
最近トレーニングのかいもあり服が入らなくなってきました(笑)
毎日の仕事がハードな反面、ワイン倉庫の整理は筋トレになって一石二鳥(笑)

モンテちゃん....
Vino Hayashi初の営業事務のアラサー女子。埼玉県出身。O型。
新人ながらJSAソムリエ資格、調理師免許、ベジタブル&フルーツアドバイザー資格あり!
ワインと食をこよなく愛す1児の母。
覚えなきゃいけないワインが山積みな反面、社割で買って飲みながら勉強できるので一石二鳥(笑)
どうも、社長のはやしです。
今日は仕事のプチ打ち上げで、ワインバル「バルケッタ」さんに来ています。お店の壁一面にずらりと並ぶワインからセレクトしますよ。
前回指名したモンテちゃんがワインをセレクトする番です。ではどうぞ。
日本橋蠣殻町のバルケッタ。我々が終業後、軽くいこうか♪ と言ったらだいたいここ。
モンテちゃんがこっそり選んだワインは...
こんにちは。モンテです。
社長のご指名でワイン担当です。たった今、棚のワインの中から、こっそりオーダー完了したところです♪

さっそくですが、私のセレクトはこちら!(もちろんみんなに内緒で!)
キャンティ ・リゼルヴァ
“ピエトロ・ベコンチーニ”2011
実はこれ、この1年間で、Vino Hayashiで最も売れた赤ワイン。
美味しいのはもちろん、コストパフォーマンスに優れているため、数多くのレストラン、ビストロ、ワインバーでも採用頂いています。
Vino Hayashiにおける切り込み隊長的な存在のワイン。
ブドウ品種 : サンジョヴェーゼ/カナイオーロ
生産地 : トスカーナ州サン・ミニアート
度数 : 14.0度
ヴィンテージ : 2011年
購入価格 : 3,600円(税抜)
>> 詳細はこちら
まかないワイン初の、Vino Hayashiワインです!

このワインは料飲店でも人気が高く、このバルケッタさんでも取り扱って頂いています。棚の奥で1本だけ発見し、とっさにこれにしよう!と選んでみました。
まかないワインでは、基本的に今までVino Hayashiのワインはチョイスしていないから、なかなか裏をかいた、どっきりセレクトだとおもいませんか?(笑)

ブラインドテイスティングをズバリ当てるのは難易度がものすごく高いですけど、皆さん、全く当たらないとなったら、きっとプライドが許さない。。
逆に、みんな即決で「モンテちゃん、これうちのじゃない笑」って楽勝で分かってしまってもどうしよう(苦笑)
どちらに転んでもスリリングな今回のブラインドワイン、では実録をどうぞ!
すごくよく頑張ってるワイン
こちらが今日のワインです。さてなんでしょう?
(みんなまず香りを嗅ぎ、一口目を含んで、しばし無言です・・・)
これは、、、すごくよく頑張ってるなぁ。 よくデキてるワインだね。
んー、、感覚的には知っている香り。色も香りもかなり熟成を帯びている感じ・・・イタリアワインな気がするけど、あえて違ったりするのかなぁ。。

(※この店はフランスワインもカリフォルニアも、日本ワインもあるのでイタリアとは限りません)
ネッビオーロじゃないですか? このパワフルな感じが。
熟成香の特徴の一つである獣臭の良い香りがする~。う~ん、コレは知ってる香り。国はイタリアだ。
みなさん味わい的には、どうでしょう?
美味しい美味しい!スゴくバランスがいい。
みんなの感想

・よく出来てるワイン
・色はガーネット色で、熟成が見られる
・イタリアワインのような、そうでないような・・・(意見が分かれるところ)
・樽の感じはあるけど、おそらく大樽熟成
・パワフルな感じ
・熟成香の特徴の一つである獣臭の良い香り
しゃちょう、さっき「すごくよく頑張ってる」とおっしゃいましたけど、微妙なニュアンスですよね。要は、高級ワインではないと?
そうだね。決して1万円とかする高いワインじゃないんじゃない?
でも、ワインの完成度としてはとても高くて、安かろう悪かろうでは決して無いワイン。ワインってみんな知っての通り、ブドウのクオリティーを高めるために収量を抑えたり、果実一粒まで厳しくセレクトしたり、良い木樽を使って長期間熟成したりとか、そういった方向性があるよね。
ある程度はコストをかけた分だけ美味しくなるということもある。

一方このワインは、抽象的な言い方になってしまうけど、そういった高級感は感じられないよね。
造り手が自分の作ったブドウの個性を良く理解していて、そのブドウに寄り添った醸造を行うことで、手頃な価格なりに美味しいワインに仕上げてる感じがする。
それはそれで、とても高いテクニックや、造り手のパッションすら感じるよね。
旨い」に加えて、「巧く造ってるなー」と感心しちゃう感じ。
みんなの答え

生産エリア
ブドウ品種
ヴィンテージ
希望小売価格
イタリア中部〜南
(キャンティかも?)
ボルドーブレンドからのサンジョヴェーゼ
2010年
3,800円
イタリア中部
サンジョヴェーゼ
2010年
4,000円
あえてのニューワールド!?
綺麗に熟成したジンファンデルとか?!
2008年
4,200円
イタリア北部?
ネッビオーロ
2007年
6,000円
エチケットを見て、青ざめる!?
(しゃちょうすごい!でもけっこう意見が割れるものだなぁ。。。)
ではしゃちょう、カバーを外して、エチケットをご覧ください!
・・・
(エチケットを見て、顔が引きつるしゃちょう)
うちのワインだ。。わたしたち、なんて言ったっけ?(苦笑)
大間違いなことは言ってないよね!?
してやられた。。。一瞬かなり焦ったけども、自社のワインを先入観なく飲んで、とてもポジティブな感想が持てたのに素直に嬉しいわね。ホッとしたとも言うけど(笑)
しゃちょう、マテリカさんけっこう惜しいです!
でも、テイスティングのコメントは、みなさんさすがだったと思います。
今回は、かなり冷や汗かきました。
今回は、新人モンテちゃんがついに禁じ手(?)の、何度も飲んだことのあるうちのワインをセレクトしてきました。
答えを聞いた瞬間は、この1年で一番動揺したかもしれない(笑)

特に理由はないけど、この企画では避けてきた、自社(Vino Hayashi)輸入のワインがついに登場してしまった。
今後は自社取扱いワインも解禁となると、緊張感が全然違ってきますね。

こんな感じで、まかないワインは(毎日のように?)続きます。
2016年も宜しくお願い致します。
お猿カバー、もらえます。

まかないワインでおなじみ、ボトルを隠すためのお猿カバー。
Vino Hayashiでは、今年の干支にちなんで、このお猿カバー付きの開運ワインセットを発売いたしました。
20”16”年にちなんで限定16個となります。お猿カバーに興味がある人は、是非サイトをチェックしてみてください。
>> こちらでチェック
2016年もVino Hayashiを
宜しくお願い致します!
モダンブルーでの連載はこれでお終いとなりますが、「まかないワイン」は、以降もVino Hayashiさんのブログ(ただ今準備中)にて続きますので、ぜひお楽しみください。
※ ワインとブドウのイラストは「ビンテージ Freepikによるベクターデザイン」より。