イタリアワイン輸入・販売会社Vino Hayashi(ヴィーノハヤシ)では「まかないワイン」というユニークな福利厚生があり、夕方の業務終了後、社員みんなでワインを飲んでいます(だいたい毎日)。
楽しいのはもちろんですが、ワインを勉強する一環なので真剣です!

登場人物は、
社長のはやし(写真左)、
営業女子のマテリカさん(写真中央)、
バルベラさん(写真右)の3人。
はやし....
Vino Hayashi代表取締役。 愛知県出身。B型。
兄であるソムリエ林基就と共に、2010年にVino Hayashi設立。イタリア中を車で巡り、50カ所を超えるワイナリーの取材・撮影を行う。ワインを口にし目を閉じると、そのワインが育まれた土壌、気候、風、ブドウの生育状態を感じることが出来る。
前回のテイスティングでは、気候とブドウ品種をぴたりご名答!

マテリカさん....
Vino Hayashiの営業を担当するアラフォー女子。東京都出身。B型。
イタリア留学経験があり、イタリアソムリエ協会認定のソムリエ資格保有。「ワイン飲みたい!」という情熱は全スタッフ中、1番かも。毎日就業時間が近づくにしたがって、ワインが恋しくなってきます。
テイスティングは一番最後まで慎重に迷うタイプ。

バルベラさん....
Vino Hayashiの営業を担当するアラフォー女子。神奈川県出身。A型。
イタリアソムリエ協会認定のソムリエ資格保有。イタリアの星付きリストランテでソムリエとして勤務した経験有り。テイスティングで答えを出すのは1番早い。
テイスティングのひとくち目で「わたしわかった!」発言がお得意。

そして今日は、、、出荷担当のシバタさんも参加です。しかもワイン当番。
シバタさん....
Vino Hayashiの出荷を担当。実は、元々某企業の社長さん。定年後、グラッパ好きが高じてパートタイムでVino Hayashiに再就職。ワインはもちろん、おいしいお店をいっぱい知ってます。
どうも、シバタです。
これ読んでくださっている方に、答えを一部お伝えします。(もちろん、テイスティングに挑戦する3人には内緒で。)

今回のワインは、これです。

ブドウ品種
 » ヴェルディッキオ100%
ヴィンテージ(生産年)
 » 2011年
アルコール度数
 » 14.5度
生産地域
 » イタリアのふくらはぎ部分、中部アドリア海側のマルケ州。マルケを代表する白ワインです。


こんな感じです。
さて、ワインをズバリ当てるのももちろんですが、ワインを構成する上記の要素をみんなどれだけ当てられるのか?(逆に当てられないのか)見守ってくださいね ♪

ではブラインドテイスティング、スタートです!
じゃじゃーん、今日のワインはこちら。シバタさんに選んでもらったので、僕も答えは知りません。
そして、前回予告した通り、今日は 真っ黒なグラス。中身の色が全く見えない状態でテイスティングしますよ!
難易度はかなり上がりますが、ズバリ、品種や銘柄を当てていきましょう!
果実みがスゴいな。アルコールも高い!
今週、ブラインドテイスティングもう3回目ですよね?
ワインに真面目過ぎませんか? 私たち(笑)
(ここで紹介しきれないくらい、ほんとに毎日テイスティングをしています。この会社。。)
けっこうミネラリー。
それにしても、色みえないの残念〜。
このグラスで、逆に赤ワインと白ワイン間違えてみたいなー(笑)
けっこう間違えちゃうからなーわたしw
(前回かなり当てたじゃないですか。
まかないワインは、初めてやった時はみんな緊張して、言葉遣いもよそよそしかったのですが。回を重ねるごとにリラックス(し過ぎ?)で、みんな口調がフランクになってますね)
黒いグラスを覗き込んだところ。ワインの色はわからない、、?
でもこれは、白ですね。
シバタさん、冷蔵庫に入れてたんだもん(笑)
冷たくておいしい。
それに、意外と液面がミドリみがかってる?黒いグラスでも赤か白かくらいは、わかっちゃうもんですね〜
いえいえ分かりませんよ。温度や色の薄さで言うと、ロゼってことだってありますからね〜。
ブラインドグラスはじめて使ってみたけど、確かに白か赤かはわかっちゃうかもね。
でも、白ワインだとしても色が黄金色なのか、薄い黄色なのか、緑がかっているのかとか。そこまでは、さすがにわからない。色によって絞り込める品種のキャラクターが分からない分、やっぱり難しいよね。
ちなみにこのワイン、温度が冷た過ぎないほうがおいしいかも。
これでウチのアンフォラのみたいなー。
マテリカさんよりひとこと解説
<白ワインの温度に関して>
ワインを飲むときの温度で感じ方が変わるので、実はとても大事なポイントです!
フレッシュですっきりとしたタイプの白ワインは、キリッと冷やして。
一方、樽熟成などで重厚感のあるようなタイプの白ワインは冷やしすぎずに飲んだほうが本来の香りや美味しさを引き出すことが出来たりします。
集荷でーす。
あ、おつかれさまでーす。
(しまった、またワイン飲んでるときにヤマトさん来ちゃった。。ヤマトさんは重いもの運んで仕事してる最中なのに、この人たち、この時間からもうお酒飲んでるって思われてるかな・・・
でも、ヤマトさん、みんなお揃いの黒いコップ買ったんだなって思うかな(笑)
ワイン飲んでるってバレないから、このグラスいいかもー、なんて)
しかしこのワイン、我ながらおいしいですね。
ヒント! ヒントください
シバタさん飲んだことある?
ずっと飲んでみたかったやつでしょ?
(笑)
それはいいません。
はいみなさん、品種とか地域、銘柄とかどんどん言ってくださいね。
私わかったかも。ほんとに。
あ、まだ答え言わないでね!
答え聞くと引きずられちゃうから、
じゃあバルベラさんは、答える順は最後ね。
最後ですね。
常に自信はもってないと!まぁ、あまり根拠のない自信ですけど(笑)
これは、記憶の引き出しからぱこっと出てきましたよ。
じゃあ、僕からそろそろコメントしてきますよ。
しかしこのグラス、くいくいのんじゃいますね。グラスの底が見えないから。
まずアルコールは高い、13.5度くらい?
口に入れたあとのアルコールの広がりがすごい。
ひょっとして、うちの商品かもしれない。
どんどんトロピカルになる。んー、なんだこれ。
トロピカルですよねー。
イタリア中部かな。
ミネラリーで、ボディ感とうまみがあって、酸味も伸びる。
あ!ズバリ思ってたものと、よくみるとボトルのシルエットが違う~!!
わたし、わかんなくなってきちゃった(笑)
しかもめっちゃボリューミーになってきた。
みなさん提案ですが、どんな食べ物と合わせたいのかも
各自コメントしてはいかがでしょう?
たとえばブリの刺身とあわせたい!とか。
食べ物はシンプルなものがいいかな。
わたし、あなごの天ぷら。
シンプルなものといっても、白身のカルパッチョとかだと、ワインが勝っちゃう。
バルベラさんよりひとこと解説
<ワインと食べ物の関係性について>
・香りの共通点があるか 例えばハーブの香りがあるワインには香草をつかったお料理とか
・オイリーな(とろみ)要素があるか とろっとしたコクのあるワインには油分のあるお料理とか
・ミネラルがあるか 塩っぽいうまみのあるワインには魚介とか
こんな風にマリアージュを考えていきます!
僕いまアタマんなかで、酢みそが合うなーと。
蟹みそとかも、苦みの接点があるよね。
このオイリーさが、まるっとした脂質と合うかと。
和食あいそー。けっこう万能ですよね。
ではこの流れで、僕からファイナルアンサーいきますね。
フリウリ州で、品種はピノ・グリージョ。
温度が上がってきて、このオイリーな感じ、ミネラリーで苦みがあるのは、マルヴァジアとも思ったけど、ピノ・グリージョ100% かなー。
ヴィンテージは若くて、2013年くらい? アルコール度数は13.5度で。
うーん、ピノ・グリージョにしては、蜜感がない。ボディしっかりし過ぎじゃないですか?

私、さいしょに「わかった」って言ったのはこの熟した洋梨と花の香り、ミネラル感がヴェネト州のソアヴェと思ったけど、思ってた生産者の特徴的なボトルの形が違うから(笑)

ファイナルアンサーはヴェルメンティーノ種。
どんどんぼてっとボリューム感が出てきて、酸も引っ込んできたかな?

トスカーナ州とも思ったけど、トロピカルで潮のミネラルが強いから、サルデーニャ島あたりかな、と。
ヴィンテージは2011年で、アルコールは私も13.5度
ヴェルメンティーノはあるね〜
あー、、、これはどんどんヴェルメンティーノに思えてくる。
あ、わたし結局トリだ。
このミネラリーさと香りとボディ感とうまみと酸の伸び方。
願わくば、、というか、きっと私の愛するマルケ州のヴェルディッキオ種。
自称ヴェルディッキオ大使として、違ったら悲し〜〜

一応他に考えたのは、アルコールの出方はピノ・ビアンコかとも思ったけど。。
和食にいかにも合いそうな。あとはシチリアの土着品種とか?

ヴィンテージは2012かな?
アルコール度数は13.5。
今回の答えは、三者三様に散けました。
イタリア北東部、中部、そして南部の島。果たして正解は?
みなさん、今回答えはきれいにわかれましたけども、
どなたの意見も説得力ありますね。

私はワインのコメントは難しいことは言えませんけども、カシューナッツ、中華料理に接点を感じるかなーと。
オイリーな感じとか。
ナッツやオイリーは感じますねー。おなかが空いてきました(笑)
ではオープーン。
!!!!!!
ぴったんこ来ましたね!
マテリカさんすごーーーーい。
地域、品種はマルケ州のヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ。
なんと、ぴたり当たりましたね!

アルコール度数はみんな高めで13.5度と予想したけど、14.5度。
想像以上にパワフルですね。
えへへ。自称ヴェルディッキオ大使としては、面目が保てて嬉しいです。
いろんなヴェルディッキオを飲んできた甲斐がありました。
実は、私の名前の「マテリカ」もヴェルディッキオの産地の名前なのです~♪
今回は一発でヴェルディッキオだと感じましたが、やはり慎重に他の可能性も探ってみました。
透明の普通のグラスに入れ替えると分かりますけど、グリーンがかったきれいな麦わら色。
さっきより大きい器のグラスだと、より香りがあふれますね。
うちの会社にヴェルディッキオはまだ無いけど、これに負けないヴェルディッキオを早く採用したーい! しゃちょー(笑)
ハーブの香り、甘い熟した果物、花の香り、
アフターにヴェルディッキオ種の特徴であるアーモンドのニュアンスも感じます。
見事正解のマテリカさんと、ヴェルディッキオをぱちり。
マテリカさん、おめでとうございます!
次回は是非、この黒いグラスで赤ワインやりたいですね。
もっと難易度は高そうだけど。
それにしても、このワインは食事を呼ぶワインと言うか、食べ物の話をしたのでお腹が空きました。
このままみんなで近所のビストロにでも行きますか?
このまま第2回戦ということで(笑)
※ ワインとブドウのイラストは「ビンテージ Freepikによるベクターデザイン」より。