トップ  » PT TORINO CHRONICLE

PT TORINO BRAND CHRONICLE
  • PT TORINO BRAND CHRONICLE

PT TORINO ブランドクロニクル


~スラックスの常識を変えた革命児。~

旧き良きイタリアクラシコのテーパード・トラウザーズを意識しながらも、
細身にモディファイされた美しいヒップラインと脚長効果を備えた完璧なシルエット。
PT01からその名を変えた今も、創業時に抱いた情熱を忘れることなく、
「既存のパンツマーケットにない面白み」を追い求め続ける新時代の旗手の魅力を
最新のシリーズや特徴的なフィットの詳細解説とともにご紹介していきます。


PT TORINO PLOFILO

Origine

ブランドの由来

2008年の立ち上げに際し、Pantalone(パンツ専業ブランド)でTORINOを拠点にすることから「PT(ピーティー)」、さらに業界のオンリーワンを目指すという想いを込め「01(ゼロウーノ)」を付け、「PT01」と命名。2020年春夏からはより創業地トリノへの敬意を強く打ち出すため「PT TORINO」と改名した。

Concetto

コンセプト

クラシコなパンツを細身にモディファイしたスラックスが最大の魅力。美しいヒップラインと脚長効果のあるシルエットが熱狂的な支持を集めている。「既存のパンツマーケットにない面白み」を追求、世界観のあるテーマや細分化されたフィット、ドレスパンツに珍しい多彩な色展開などの独自戦略を展開している。

Technologia

テクノロジー

PT TORINOのスラックスは、高級なバージンウールやコットンをベースに、ポリエステルを混紡して適度な伸縮性を持たせた生地が基本。モデルやテーマごとにオリジナルの素材も多く採用されており、旅や出張のシーンを想定した「TRAVEL」シリーズなどで採用の「TECHNO WASHABLE WOOL」はその代表例。

  • ブランドの由来

  • コンセプト

  • テクノロジー

  • Origine

    ブランドの由来

    2008年の立ち上げに際し、Pantalone(パンツ専業ブランド)でTORINOを拠点にすることから「PT(ピーティー)」、さらに業界のオンリーワンを目指すという想いを込め「01(ゼロウーノ)」を付け、「PT01」と命名。2020年春夏からはより創業地トリノへの敬意を強く打ち出すため「PT TORINO」と改名した。

  • Concetto

    コンセプト

    クラシコなパンツを細身にモディファイしたスラックスが最大の魅力。美しいヒップラインと脚長効果のあるシルエットが熱狂的な支持を集めている。「既存のパンツマーケットにない面白み」を追求、世界観のあるテーマや細分化されたフィット、ドレスパンツに珍しい多彩な色展開などの独自戦略を展開している。

  • Technologia

    テクノロジー

    PT TORINOのスラックスは、高級なバージンウールやコットンをベースに、ポリエステルを混紡して適度な伸縮性を持たせた生地が基本。モデルやテーマごとにオリジナルの素材も多く採用されており、旅や出張のシーンを想定した「TRAVEL」シリーズなどで採用の「TECHNO WASHABLE WOOL」はその代表例。

PT TORINO STORIA

2020年春夏より全シリーズを再編成

PTブランドは、スラックスやコットンパンツがメインの「PT TORINO」と、
5ポケットパンツラインである「PT TORINO DENIM」の2つで構成。
それぞれコンセプトに沿った数シリーズに分類され、さらに特徴的なモデルには
別途モデル名も付けられている(一部マーベルト沿いに各名称が記されている)。

PT TORINO

BUSINESS
BUSINESS
クラシックで最もベーシック

フォーマルにもカジュアルにも対応した基本となるシリーズ。ビジネスと銘打ちつつもシーンを特定するわけでなく、幅広いシチュエーションで穿けるスラックスを軸に展開。ベーシックなウール素材を中心に、近年は独自開発のストレッチ素材である「TECHNO WASHABLE WOOL」採用モデルも開始、その世界観をさらに広げている。


>商品はこちら
EDGE
EDGE
実験的なアプローチが特徴的

大人の休日着をテーマにした旧「PT01 FORWARD」の系譜に連なるシリーズで、ヒップに付属する羽根のチャームがアイコン。素材や加工に遊びを加えることで、カジュアルかつトレンドをより意識したアイテムを展開。また旧シリーズの分類を引き継ぐ形で、「CINQUE」「DIECI」「UNDICI」など数字を表すモデル名が付けられている。


>商品はこちら
ACTIVE
ACTIVE
涼しく軽い超高機能スラックス

2017年開始のコラボプロジェクト「PT 01 KULT」を、2020年春夏より正式ラインに再編成。紫外線カットや可動域の広い360°ストレッチ、完全形状回復など12の高機能を備え、軽妙でさらりとした肌触りが特徴的。ノープリーツのストレート「ALPHA」や、ワンプリーツのテーパード「BETA」など、旧ラインから継承したモデル名も付けられている。


>商品はこちら
TRAVEL
TRAVEL
「旅」に特化したオンオフ兼用

出張も含めたビジネス全般をカバーする人気シリーズ(開始時の名称は「TRAVELLER」)。ストレッチウール×ポリエステルの絶妙な混紡率で抜群の速乾・通気性を誇る高機能素材「TECHNO WASHABLE WOOL」をレギュラー採用。春夏と秋冬で異なる生地の厚み、用途に応じた8つのポケットを備えるほか、旅を連想させる裏地モノグラムも特徴。


>商品はこちら
REWORKED
REWORKED
ワークパンツをPT流に新解釈

PT TORINOのアートディレクターを務めるドメニコ・ジャンフラーテ氏の熱意により、2020年春夏より始まった、ヴィンテージのワークパンツを“再構築(REWORKED)”するシリーズ。デッドストックを彷彿とさせる味わいのある生地を用いたゆったりとした作りながら、ややテーパードがかったシルエットにPTらしさも覗く仕上がりに。


>商品はこちら
SAPPHIRE
SAPPHIRE
より上質な素材選びを志向

1840年にイタリアで設立された老舗服地メーカー、トラバルド・トーニャ社が手掛ける強撚ウール100%素材「estrato (エストラート)」を採用するなど、より素材の高品質を追求したシリーズ。天然繊維ながら高いストレッチ性を誇り、さらに熟練の職人による精密な裁断と仕立てで極上の穿き心地を実現。シワもつきにくいため、旅や出張などにも最適。


>商品はこちら
SUMMER
SUMMER
夏を連想させる素材や色使い

21SSシーズンのみ展開されている季節限定ライン。暑い季節に最適な爽やかな配色と軽やかな穿き心地を愉しむことができる。特に素材は、しっかりとした生地感と涼し気な風合いを併せ持つオリジナルコットンファブリック「DELUXE COTTON」を標準装備。


>商品はこちら
HAVANA BRIGHTS
HAVANA BRIGHTS
ハバナの光と色彩にフォーカス

中南米特有の熱気漂う大地、古き良き街並みを彩る家屋やヴィンテージカー、そしてあらゆる自然と風景の輝き――キューバの都市ハバナを包む唯一無二の「色彩」をイメージした21SSコレクション。蒸し暑い夏を快適に過ごすべく開発された独自の伸縮素材「SUMMER BATAVIA」を採用しているのが特徴。


>商品はこちら
  • BUSINESS

  • EDGE

  • ACTIVE

  • TRAVEL

  • REWORKED

  • SAPPHIRE

  • SUMMER

  • HAVANA BRIGHTS

  • BUSINESS
    クラシックで最もベーシック

    フォーマルにもカジュアルにも対応した基本となるシリーズ。ビジネスと銘打ちつつもシーンを特定するわけでなく、幅広いシチュエーションで穿けるスラックスを軸に展開。ベーシックなウール素材を中心に、近年は独自開発のストレッチ素材である「TECHNO WASHABLE WOOL」採用モデルも開始、その世界観をさらに広げている。


    >商品はこちら
  • EDGE
    実験的なアプローチが特徴的

    大人の休日着をテーマにした旧「PT01 FORWARD」の系譜に連なるシリーズで、ヒップに付属する羽根のチャームがアイコン。素材や加工に遊びを加えることで、カジュアルかつトレンドをより意識したアイテムを展開。また旧シリーズの分類を引き継ぐ形で、「CINQUE」「DIECI」「UNDICI」など数字を表すモデル名が付けられている。


    >商品はこちら
  • ACTIVE
    涼しく軽い超高機能スラックス

    2017年開始のコラボプロジェクト「PT 01 KULT」を、2020年春夏より正式ラインに再編成。紫外線カットや可動域の広い360°ストレッチ、完全形状回復など12の高機能を備え、軽妙でさらりとした肌触りが特徴的。ノープリーツのストレート「ALPHA」や、ワンプリーツのテーパード「BETA」など、旧ラインから継承したモデル名も付けられている。


    >商品はこちら
  • TRAVEL
    「旅」に特化したオンオフ兼用

    出張も含めたビジネス全般をカバーする人気シリーズ(開始時の名称は「TRAVELLER」)。ストレッチウール×ポリエステルの絶妙な混紡率で抜群の速乾・通気性を誇る高機能素材「TECHNO WASHABLE WOOL」をレギュラー採用。春夏と秋冬で異なる生地の厚み、用途に応じた8つのポケットを備えるほか、旅を連想させる裏地モノグラムも特徴。


    >商品はこちら
  • REWORKED
    ワークパンツをPT流に新解釈

    PT TORINOのアートディレクターを務めるドメニコ・ジャンフラーテ氏の熱意により、2020年春夏より始まった、ヴィンテージのワークパンツを“再構築(REWORKED)”するシリーズ。デッドストックを彷彿とさせる味わいのある生地を用いたゆったりとした作りながら、ややテーパードがかったシルエットにPTらしさも覗く仕上がりに。


    >商品はこちら
  • SAPPHIRE
    より上質な素材選びを志向

    1840年にイタリアで設立された老舗服地メーカー、トラバルド・トーニャ社が手掛ける強撚ウール100%素材「estrato (エストラート)」を採用するなど、より素材の高品質を追求したシリーズ。天然繊維ながら高いストレッチ性を誇り、さらに熟練の職人による精密な裁断と仕立てで極上の穿き心地を実現。シワもつきにくいため、旅や出張などにも最適。


    >商品はこちら
  • SUMMER
    夏を連想させる素材や色使い

    21SSシーズンのみ展開されている季節限定ライン。暑い季節に最適な爽やかな配色と軽やかな穿き心地を愉しむことができる。特に素材は、しっかりとした生地感と涼し気な風合いを併せ持つオリジナルコットンファブリック「DELUXE COTTON」を標準装備。


    >商品はこちら
  • HAVANA BRIGHTS
    ハバナの光と色彩にフォーカス

    中南米特有の熱気漂う大地、古き良き街並みを彩る家屋やヴィンテージカー、そしてあらゆる自然と風景の輝き――キューバの都市ハバナを包む唯一無二の「色彩」をイメージした21SSコレクション。蒸し暑い夏を快適に過ごすべく開発された独自の伸縮素材「SUMMER BATAVIA」を採用しているのが特徴。


    >商品はこちら

PT TORINO DENIM

ROCK
ROCK
ドメニコも愛用する細身モデル

現在PTのアートディレクターを務めるドメニコ・ジャンフラーテ氏が愛用するモデルとして近年人気が高まり、今やPT TORINO DENIMの看板モデルに成長。他のラインに比べても細身に仕上げられており、よりシャープなジーンズルックを愉しみたい方にお薦め。


>商品はこちら
REGGAE
REGGAE
クリースと九分丈が特徴

あえてセンタークリースを入れることで、「スラックスブランドであるPTがつくるデニム」という個性がより強く打ち出されたシリーズ。PT TORINO DENIMの中では股上がやや深めで、裾はターンナップで九分丈仕様となっており、「そのまま穿ける」丈感も魅力。


>商品はこちら
SWING
SWING
スラックスのようなデニムを

PT TORINO DENIMの中でも最もスラックスに近いシルエットを持ち、すっきりとスタイリッシュに仕上げられているのが特徴。太すぎず、細すぎないという絶妙なフィット感も魅力的で、より大人の男性に似合う洗練された美脚を演出してくれるシリーズ。


>商品はこちら
DUB
DUB
太めのターンナップが特徴

どこか懐かしいヴィンテージのジーンズを思わせる、幅広なターンナップが目を惹く新ライン。股上が深く、腰周りにはしっかりとしたゆとりがあり、実際に穿くとヒップから裾にかけてPTらしいすらりとした細身のシルエットが楽しめるのが魅力。


>商品はこちら
THE REBEL
THE REBEL
新鮮味あふれるゆったり感

2022年春夏よりスタートした新ライン。ゆったりとした腰周り、ヒップから裾にかけて細く絞られたメリハリのあるシルエットは、これまでのPT TORINOではあまり見られなかった革新的な提案。ドメニコ氏が自らSNSで積極的に着用していたことも話題に。


>商品はこちら
  • ROCK

  • REGGAE

  • SWING

  • DUB

  • THE REBEL

  • ROCK
    ドメニコも愛用する細身モデル

    現在PTのアートディレクターを務めるドメニコ・ジャンフラーテ氏が愛用するモデルとして近年人気が高まり、今やPT TORINO DENIMの看板モデルに成長。他のラインに比べても細身に仕上げられており、よりシャープなジーンズルックを愉しみたい方にお薦め。


    >商品はこちら
  • REGGAE
    クリースと九分丈が特徴

    あえてセンタークリースを入れることで、「スラックスブランドであるPTがつくるデニム」という個性がより強く打ち出されたシリーズ。PT TORINO DENIMの中では股上がやや深めで、裾はターンナップで九分丈仕様となっており、「そのまま穿ける」丈感も魅力。


    >商品はこちら
  • SWING
    スラックスのようなデニムを

    PT TORINO DENIMの中でも最もスラックスに近いシルエットを持ち、すっきりとスタイリッシュに仕上げられているのが特徴。太すぎず、細すぎないという絶妙なフィット感も魅力的で、より大人の男性に似合う洗練された美脚を演出してくれるシリーズ。


    >商品はこちら
  • DUB
    太めのターンナップが特徴

    どこか懐かしいヴィンテージのジーンズを思わせる、幅広なターンナップが目を惹く新ライン。股上が深く、腰周りにはしっかりとしたゆとりがあり、実際に穿くとヒップから裾にかけてPTらしいすらりとした細身のシルエットが楽しめるのが魅力。


    >商品はこちら
  • THE REBEL
    新鮮味あふれるゆったり感

    2022年春夏よりスタートした新ライン。ゆったりとした腰周り、ヒップから裾にかけて細く絞られたメリハリのあるシルエットは、これまでのPT TORINOではあまり見られなかった革新的な提案。ドメニコ氏が自らSNSで積極的に着用していたことも話題に。


    >商品はこちら

PT TORINO FIT

股下から裾幅まで5ミリ単位で展開

シリーズやモデルとは別に、PTのパンツには緻密なシルエット分類も設定され、
それらは「○○ FIT(フィット)」という名称で表示される。
主に渡り幅と裾幅、股下の3つをそれぞれ5ミリ単位で刻みながら細分化。
ここでは最もベーシックな「SLIM FIT」を基準に、他のFITを比較しながら紹介。

SLIM FIT MOST BASIC MODEL

日本人の体型に最もフィット

スリムフィット。欧米人に比べ腰骨に厚みが少ない日本人向けに設計された背景から、PTのフィットの中では最もベーシックとされるモデル。腰周りに適度なフィット感があることで、股下やヒップ周りに生地がたまりにくいのも特徴。一般的なスラックスに比べ股上はやや浅めに設定されており、膝下から裾にかけては適度にテーパードがかった、イタリアントラウザーズらしい美脚シルエットを演出してくれる。

>商品はこちら

他のFITと比べてみる

「SLIM FIT」を基準に、「渡り幅」と「裾幅」を同シリーズで比較した表がこちら。
シーズンやシリーズで変化するALTERNATIVE FITは除外している。
数値はすべて、MODERN BLUE独自で採寸したデータですのでご了承ください。
★表のアイコンをクリックすると、各FITの詳細をご覧いただけます。

PT TORINO PLOFILO

2008

「PT01」誕生

イタリア・トリノのパンツ専業メーカーCOVER(コーベル)社の
マリオ・ステファノ・マラン氏が、自らディレクターとなりブランド「PT01」を立ち上げ。
COVER社は1968年にトリノの生地メーカーの4代目ピエランジェロ・ファッシーノ氏が
「究極のトラウザーズ作り」を標榜し設立した老舗で、会社拡大後はメンズ服全般の製造に
乗り出すものの、2000年代に入り再びパンツに専念。そんな中、インコテックスや
ボリオリ、ブルネロ・クチネリなどで経験を積んだマリオ氏が加入、
「既存のマーケットにない面白み」のあるトラウザーズづくりの物語が始まった。

2009

5ポケットライン「PT05」デビュー

「PT01」誕生の翌年、スラックスが持つ普遍的な美しさを5ポケットパンツ、
いわゆるデニムパンツなどに落とし込んだライン「PT05(ピーティーゼロチンクエ)」をスタート。
イタリアの人気デニムブランドとタッグを組むなど世界観を広げていき、その後も
レディースライン「PT01 Woman Pants」やバミューダパンツ「PT Bermuda」など、
数多くの派生ラインが生まれた(現在は終了)。ちなみに「PT05」は、2020年春夏の
「PT TORINO」移行にともない、「PT TORINO DENIM」に改名されている。

2013

PT JAPAN設立

「PT」ブランドを日本にいち早く紹介し、マリオ氏との親交も深かった輸入商社
トレメッツォの代表・小林裕氏が代表を務めるかたちで「PT JAPAN」が設立される。
同年春夏には、PTがデザイナーに匿名性をもたせた「PT GHOST PROJECT」を発表。
これはマリオ氏と小林氏が「現在トレンドのパンツをPTが作ったらどうなるか?」という
遊び心から始まったプロジェクトと言われ、のちにレギュラー化した(現在は終了)。

2016

ドメニコ・ジャンフラーテ氏就任

2016年秋冬より、新たなにドメニコ・ジャンフラーテ氏をアートディレクターに招聘。
元セリエAのプロサッカー選手であり、イタリアを代表するファッショニスタとしても
人気を博していた氏の就任により、PTの世界観はさらに広がりを見せていくことになる。

2017

「KULT(現・ACTIVE)」シリーズ開始

イタリア人工業デザイナーのファブリツィオ・ジウジアーロ氏との共同開発を開始、
“KINETIC ULTIMATE TROUSER(究極に動きやすいトラウザーズ)”を目指すことから
その頭文字を取り「PT01 KULT」と名付けられた。正式なスタートは2018年春夏からで、
2020年春夏には「ACTIVE」と改称され、メインシリーズのひとつに昇格している。
また、前年就任したドメニコ氏の肝煎りによる新フィット「GENTLEMAN FIT」がデビューした。

2020

「PT TORINO」に改名

「創業地であるトリノにさらなる敬意を」という想いから、ブランド名を「PT TORINO」に改名。
それに伴っていくつかの人気シリーズも再編成され、ブランドとして新たなスタートを切った。
ハンガーや紙タグなどのデザインも一新され、特にハンガーは金具部分がゴールドに、木製部分が
ブラックに仕様変更され、より高級感のある佇まいとなっている。

2022

トータルコレクションに進化

2022年春夏より、PTブランドとしては初となるトップスの展開がスタート。
それに伴っていくつかの人気シリーズも再編成され、ブランドとして新たなスタートを切った。
トラウザーズで培ってきた世界観をベースに、ミニマルなデザインと着心地の良さを追求した
プルオーバーやシャツなど、PTのスラックスシルエットとの相性も抜群なラインナップが揃う。
トータルブランドとして新たな船出となった「PT TORINO」の今後からますます目が離せない。

PT TORINOを探す

トップへ
戻る