トップ   »  モンクレール (MONCLER)

永遠に焦がれる
ダウンウェアのファーストクラス

2016年11月18日更新

MONCLER

冬オシャレの定番人気で、永遠に焦がれるブランドがある。フランス生まれのモンクレールだ。
1952年の創業以来、登山家をはじめとする世界中の冒険家から熱い信頼が寄せられ、ファッション業界からは常に期待と羨望を持って歓迎されています。
メゾンはフランス人として初めてヒマラヤ登頂に成功したリオネル・テレイをアドバイザーに迎えて、軽量で保温力に優れる、機能的なダウンウェアを開発することに成功。
以後、イタリアやフランスの登山隊、アメリカのアラスカ遠征隊などにウェアを提供して、その高い機能性と信頼性を実証して着実に評価を高めてきました。
メインコレクションの他に、ニューヨーク出身のトム・ブラウンが手掛けるラグジュアリーなコレクションライン「ガムブルー」や、フェミニンなデザイン性を追求した「ガムルージュ」、本格的なスキーウェアを手本に機能強化とファッション性を追求した「グルノーブル」、そして子供向けのキッズラインといった各コンセプトラインも展開しています。
さらに近年はメインラインでは実現しない世界中の若手デザイナーや注目ブランドとのカプセルコレクションも積極的に行っていて、常に最先端を意識したブランディングに力を入れていることも唯一無二である証しです。

メインコレクションで展開されるメンズモデル

「モンジュネーブル MONTGENEVRE」

ウール素材を使ったシェルが特徴で スーツに羽織っても大人の着こなしを演出できます。

  

本格スキーウェアを手本にしたスポーツライン

「グルノーブル GRENOBLE」

男女ともに展開しています。

  

NYの鬼才、トム・ブラウンが指揮するコレクションライン

「ガムブルー GAMME BLU」

  

ダウンウェアの概念を飛び出しエレガンスを追及した男女展開

「ガムルージュ GAMME ROUGE」

  

16年秋冬シーズンで取り上げられた「オフ-ホワイト c/o ヴァージルアブロー」 とのコラボレーション

「モンクレール・オー MONCLER O」