トップ   »  ヤコブコーエン (Jacob Cohen)

テーラードジャケットに似合うジーンズ

JACOB COHEN

1985年イタリアにて敏腕スタイリスト集団によって立ち上げられたデニムブランド。「仕立ての良いテーラードジャケットに最適なジーンズ作り」をコンセプトに掲げ、見た目と穿き心地の双方の満足度を満たしてくれる秀逸なクリエーションを展開。 ジーンズでありながらスラックスのような丁寧な作りと計算し尽された高フィットスタイルが大きなポイント。「リーバイス501」をリスペクトしつつ、イタリアのパンタローネを想像させる立体裁断を駆使したテーラードシルエットで見事な美脚ラインを確立。股上が浅く、腿の内側に余分なシワやたるみもないため、スマートに脚長を演出してくれる心強いボトムがヤコブ・コーエンのデニムです。 高機能かつ遊び心溢れるディテイルも注目すべき魅力。大人を満足させてくれるジーンズのスタンダードとして人気を集めています。

ヤコブコーエンのこだわり

ベルトピンフック

テーラードの証です。このフックにベルトピンを通し、ベルトがずれないようにする仕掛けです。これはテーラードパンツに見られる仕様で、ジーンズに応用するのは異例。ヤコブの矜持を伝えるディテールといえます。

たるみのないシーム

テーラードの流儀にのっとり丁寧にアイロンがかけられたシーム。シワやたるみのないすっきりと仕上がりに作りの良さが出ています。

華やかなスレーキ

フロントポケットの袋布(スレーキ)には個性的なプリント柄が。柄はモデルごとに違い、まるでテーラードパンツに見られるマーベルトのように、アイキャッチーな要素になっています。

ジュエラー発注のリベット&ボタン

リベットやボタンは、イタリア国内のジュエリー職人に発注して作るというこだわりぶり。アンティーク調だったりゴールドだったりと、これもまたモデルによってデザインも違います。

コーディネートされた附属品

モデルによっては、裾上げ用の糸やバンダナ、エイジング加工用の軽石などが付属しています。デニム地のカラーと糸の色、バンダナのデザインがコーディネートされているのも楽しさの1つです。

ハーブの香り

ヤコブのジーンズには特有の香りがあり人気ですが、この香りの正体は、アロマテラピーにも使われるハーブ「パチョリ」。生産工程の仕上げとして、色止めの意味としてもつけているとか。

凝りまくりのロゴパッチ

ジーンズの顔ともいえるバックのロゴパッチ。素材も写真のヘアハイドをはじめ、シュリンクレザー、型押しレザーと多彩。ロゴも刺繍だったりメタルだったりと、贅沢につくられています。

バックポケットのステッチ

ジーンズのデザイン要素で重要なバックポケットのステッチ。手の込んだステッチを施したり極太の糸が使われるなど、デザイン面、強度面ともに優れた仕上がりになっています。

ウェスト内側に溢れるメッセージ

にぎやかなウエストの内側部分。ハンガーループをはじめ、ハンドメイドの証、ブランドのポリシーを訴えるパッチ類や刺繍があちこちに。装飾としての面白さもあります。

 

PWシリーズとJシリーズはどう違う?

ヤコブコーエンが定番としてリリースしているジーンズの中に「PW」と「J」があります。例えば「PW622」と「J622」。この違い気になりません?「PW」は「プレビュー」のことで、ヤコブジーンズのクオリティを保ったまま、装飾性や付属品を減らすこで経費を下げたコスパの高いシリーズ。対する「J」シリーズはPWの逆で、装飾から付属品にいたるまで徹底してこだわったものにわけられています。財布に優しいのは「PW」で、徹底したオシャレを追及するなら「J」シリーズ、ということなんです。

PWシリーズ

Jシリーズ

688モデルの魅力

ブランドの初期モデル「610」とスーパースリム「620」の間を取った絶妙なライン。日本人体形にピッタリといわれていて、リピーターが多いことでも知られています。

  

622モデルの魅力

688モデルをさらに1.5cm股上を浅くしたのが622モデル。スリムラインをコンフォートデニムで穿きやすくした定番スタイル。より細身を追及したい方向けです。