トップ   »  エッティンガー(ETTINGER)

英国王室御用達のレザーブランド
デキル男の必需品エッティンガー

2016年9月9日(金)更新

エッティンガーとは

1934年ロンドンにて創業した皮革製品専業ファクトリー。創業者は、現社長ロバート・エッティンガーの叔父ジェラルド氏。氏が地道に生産していたオリジナルのレザーグッズが次第に評判となり、ハロッズやフォートナム&メイソン、バーニーズ・ニューヨークなどから財布や名刺入れなどのオーダーを受けるまでに成長。手仕事にこだわり続けるブランドの美意識は「HAND MADE IN ENGLAND」の刻印によって象徴され、国内のみならず世界に通ずる“紳士の証”として、現在でも幅広い層に人気を集めています。

馬具用品に使用されるブライドルレザーの特性(厚手で硬く丈夫)を活かしつつ紳士アイテムに相応しくスマートに仕上げる。この難題に挑んだのが創業者であるジェラルド氏。強さを失わないギリギリまで革を削ぎ、ポケットに入れても膨らみが目立たない財布を完成させました。使うほどに味が出るという特長を活かし、無骨なブライドルレザーのイメージを洗練されたものへ仕上げ、エッティンガーが唯一無二の存在となるきっかけとなりました。

当店では、ブライドルレザーが使用されたコインケースや2つ折り財布、長財布など定番アイテムのほか、英国王室カラーでありポンド札にもデザインされているパープルカラーを使用した貴重な「ロイヤルコレクション」も展開。ポケットへ入れても小物の形が表層化しないスリムな作りになっていたり、使うほどに馴染んでくるエイジングレザーだったりと、英国らしい品と格を備えた極上のラインナップを存分にご堪能いただけます



◆幸せを呼ぶ黄色(ロンドンイエロー)が目印

エッティンガーの数あるコレクションの中で、もっともスタンダードなものとして定着しているのが、財布やカードケースの内側全面がイエローにカラーリングされたロンドンイエロー。丈夫で硬さのあるブライドルレザーの外面に対し、「パネルハイド」と呼ばれる、乗馬の際に馬の背中にあたる部分の柔らかな鞣し革がそのまま使われた贅沢で優しい質感になっています。

◆ロイヤルコレクション(パープルコレクション)とは

王室カラーのパープルを気品と威厳のシンボルとして配色したオリジナルのコレクション。淡く、深みのある繊細な色合いがラグジュアリーを牽引し、ブラック(表面)との2トーンでジェントルマンチックに魅せた雰囲気が感性に訴えるシリーズです。素材はタンニンなめし革。ラム革にひけをとらない、しなやかで滑りの良いこだわりの素材がつかわれています。ご自宅用にはもちろん、昇進祝いや誕生日プレゼント、父の日の贈り物といったギフト需要にもっとも適した最高のレザーコレクションです。