トップ   »  A.P.C.(アー・ペー・セー)

ストリート感。そして
反骨精神のあるデザイン

2017年7月24日(火)更新

1987年にチュニジア人のジャン・トゥイトゥ (JEAN TOUITOU)氏が創立したフランスのファッションブランド。パリのソルボンヌ大学で言語学や歴史学を学び、卒業後南米を1年間放浪。帰国してケンゾー、アニエスベーなどを経て、独自のメンズブランドをスタートさせています。
創業当時はブランド名ではなく「HIVER87」や「ETE88」のようにシーズンをラベル名に使用していたユニークな歴史があります。
ちなみにA.P.C.とは「Atelier de Production et de Creation」の略称で「生産と創造の工房」という意味。服をデザインした者より、服自体の良さを前面に出したいというジャン氏の思いが強く反映されたものだそうです。

フレンチベーシックで、機能的なファッションがベースでありながらストリート感も意識した、どこか反骨精神のあるデザイン。着る人の個性を巧く引き出すことで、A.P.C.の服は完成します。
1988年にはレディースラインもスタート。現在はメンズ・レディースのウェア以外にも、バッグ・財布・雑貨など幅広いアイテムを展開するブランドとなっています。

30周年となる2017年には、創業当初の「HIVER87」などをタグやプリントで復活させているのも話題になっています。

30周年を迎えたA.P.C.の17年秋冬コレクションの中でも、ひと際目をひいたのが「HIVER87」シリーズ。30年前に同メゾンが「HIVER87」のラベルを使ってコレクションを発表したことにちなみ、原点回帰の意味を込めて復刻させ話題となっていました。

NEW STANDARD
ニュースタンダード

一般的なストレートライン。ベーシックな着こなしの定番。

PETIT STANDARD
プチ スタンダード

やや細めのストレートライン。今っぽさを演出。

PETIT NEW STANDARD
プチ ニュースタンダード

テーパードされた細身のライン。モード感のある若々しいスタイル。