トップ   »  ANTEPRIMA ライフスタイルを華やかに彩る

ライフスタイルを華やかに彩る

2017年11月28日 更新

ANTEPRIMA
1993年、クリエイティブ・ディレクターを務める荻野いづみが「アンテプリマ」を香港とイタリアで設立。

ブランド名はイタリア語で「デビュー前」。 銀座で帯屋を営んでいた祖父から学んだ日本の伝統美、学生結婚、出産、離婚、イタリアブランドのマネージャーなど、自身のさまざまな経験から、 新しいことに挑戦する女性に年齢は関係ないという想いが込められています。 コンセプトに掲げた「大人の女性の遊び心を深く追求」に基づき、素材やディテールに拘ったシンプルで洗練されたイメージのバッグを中心に展開します。

ミラノに拠点を移した1995年にプレタポルテコレクションを発表し、本格的に活動をスタート。 1998年には、日本の女性が手がけたブランドとして初めてミラノコレクションに参加。 同時期にブランドのアイコンとなるワイヤーバッグを発表します。 夫である萩野正明氏が経営しているニット工場を見学していた時にひらめいた編むバッグは、透明な塩化ビニールの中にキラキラと輝くシートを挟み込み、熱裁断で細くしたワイヤーコードを使用しています。 そのワイヤーコードを高い技術力をもった職人が丁寧に手編み。 強い力が必要なハンドル部分は男性が担当し、ANTEPRIMAのロゴを刻んだリングを装飾して完成させます。 光を受けると煌びやかに輝き、天候を気にせず持ち歩ける、旅先に携帯したりとさまざまなシーンで活躍するバッグは累計100万個以上を売り上げる大ヒットを記録しました。

コントラストのある日々を過ごしている女性をイメージしているアンテプリマ。 現代に生きる活動的な女性に向けて、ライフスタイルの提案をイタリアから発信し続けています。