トップ   »  気持ちのいい素材のハナシ。春夏編

"気持ちのいい"素材のハナシ。
~春夏編~

2019年5月3日 更新

清涼感のある
コンフォートな着心地を手に入れよう

湿度が高く、蒸し暑い日本特有の夏。少しでも快適に過ごしたい…暑さ対策には色々と苦労しますよね。
そんな暑さ対策のひとつに、“服の素材選び”があることをご存知ですか?
涼感を感じる素材の特性を知って、夏のファッションもエレガントに、そして快適に楽しみましょう。

"気持ちのいい"素材Q&A

春夏の服によく使われる素材には例えばどんなものがある?

春夏を代表する素材は「コットン」「リネン」「レーヨン」などがポピュラー。それに加え、独特の光沢感と滑らかな肌触りが特徴の高級素材「シルク」や吸湿性や通気性に優れる「パイル」「シアサッカー」など、涼感を感じる素材が多い。

春夏に使用される素材はなぜ涼しく感じるのか?

春夏の素材には通気性や吸湿性、速乾性が高い素材が多いからです。簡単に言うと、ベタベタした汗を吸収し、風通りを良くして速く汗を乾かす性能が高いということ。コットンやウールでも、生地の縫い目を粗くして清涼感を出している場合も。

”気持ちのいい”ハイテク素材にはどんなものがある?

ペットボトルの再生繊維から作り出された涼感素材の「クールマックス」や、吸水速乾性やストレッチ性に優れた特殊なポリエステルなどが代表的。触れると冷感を感じるコットンとポリエステルの混紡素材、温度調整機能がついたレーヨン素材なども登場。

コットン

COTTON

【肌触りが良くて吸湿性の高い人気素材】

ワタの種子から取れる繊維で、木綿(もめん)とも呼ばれる。伸びにくく丈夫で、吸湿性が高く、肌触りもバツグン。染色性にも優れており、デニムなどの染物に使用されることが多い。通気性に優れた、清涼感がある素材のため、夏の素材としても人気が高い。ただ中空繊維のため水分を含みやすく、乾燥すると縮んだり毛羽立ったりする性質があることも知っておきたい。

How to care

お手入れ方法

基本的に洗濯表示が付いていれば、洗濯機で洗うのが一般的。洗濯表示が付いていない場合は、手洗いをするのがオススメ。洗った後は、シワになるのを防ぐために、洗濯機の中などに放置せず、生地をよく伸ばしてから干す。色・柄物は染め方によっては色落ちすることもあるので注意が必要。


リネン

LINEN

【サラっとした着心地が最大の特徴】

亜麻布とも呼ばれるこの素材は、亜麻の繊維を原料とした織物の総称。麻にはラミー、ヘンプ、ジュートなど色々種類があり、チクチクするイメージがあるが、それはリネン以外の麻の場合。リネンはやさしい肌触りで、使えば使うほど柔らかさを増していくのが特徴。また、吸水性と速乾性に優れており、いつでもサラッとした着心地を実現。夏場にはピッタリな素材のひとつだ。

How to care

お手入れ方法

リネンは直射日光で色あせしやすい素材なので、日差しが当たる場所での放置は厳禁。通気性がよく、湿気が少ない環境で保管するのが鉄則。クローゼットなどに収納する場合は、除湿剤などで湿気を少なくすることも重要。また、折りジワができやすいので、ハンガーに吊るすか、ふんわり折りたたんでしまうようにする。


鹿の子

COTTON PIQUE

【ポロシャツなどでおなじみの生地】

鹿の子生地とは、鹿の子のような模様の凸凹ができる編み方の生地のこと。表面に凸凹があるため、サラっとした風合いで通気性が高く、清涼感があるのが特徴。ポロシャツやスポーツウェアなどに用いられることが多く、夏用のポロシャツは、ほとんどが鹿の子生地を採用している。動きやすい上、横方向には伸縮性があまりないので形崩れしにくいという利点も。

How to care

お手入れ方法

襟の型崩れなどが心配な方は、手洗いが安全。洗濯機を使用する場合は洗濯ネットに入れ、手洗いコースで洗濯するのがオススメ。脱水後は手でたたくなどで軽く形を整えてから、丸みのあるハンガーで干す。伸縮性のある生地で、タンブラー乾燥は縮みの原因にもなるので、避けるようにする。


パイル地

PILE

【吸水性に優れた夏にぴったりの素材】

パイル地とは、平織か綾織で編地の片面または両面にパイルを織り出した織物の総称。添毛織り(てんもうおり)とも呼ばれている。 パイルとは下地から出ている繊維のことで、後処理により「ループパイル」「カットパイル」の2種類に分類される。ループをそのままにしたループパイル生地の代表的なものがタオル。吸水性が非常に高く、汗を吸ってくれるので、夏にピッタリな素材のひとつ。

How to care

お手入れ方法

ふわふわな生地感を保たせるには、洗濯機で多めの水に泳がせるように洗濯するのがコツ。洗濯機に何枚も同時に入れてしまうと、繊維がつぶれてしなしなになってしまうので避けるのがベター。また、柔軟剤を入れ過ぎると、繊維がコーティングされて、吸水性も低下しまうので、柔軟剤の量に気を付けたい。


シアサッカー

SEERSUCKER

【生地表面の凹凸が涼しさを生む】

経糸(たていと)の張力を部分的に変化させ、ゆるく張った部分を他より長く織り込んでたるませる、しじら織りという技法を用いた織物のこと。このしじら(縮みの一種)により作られる生地表面の凹凸が、肌に触れる面積を少なくし、涼しく感じられる構造になっている。薄く通気性の高い清涼感のある素材で、ドライな風合いのジャケットやボトムスなどに使用されることが多い。

How to care

お手入れ方法

洗濯表示で水洗い不可の場合もあるので、注意が必要。水洗い可能の場合も水ジミができやすい生地なので、手洗いか、洗濯機を最も弱いモードに設定して洗うのがオススメ。 洗濯後は、元々凹凸がある生地なので、アイロンなどをする必要はなく、乾いたらそのまま着ることが可能。


シャンブレー

CHAMBRAY

【玉虫色の光沢感と品の良さが魅力】

縦糸は色糸、横糸に白の晒糸など(縦糸とは違う色糸)を使って平織り(交互に規則的に交差した織り方)にした生地のこと。この織り方が生み出す独特な玉虫色の不思議な風合いも魅力のひとつ。シャツやブラウス、パンツによく用いられる。色糸はパステルカラーなど明るい色が多いため上品で、視覚的にも清涼感があるので夏服の素材として人気。

How to care

お手入れ方法

シャンブレー素材の生地は、色落ちしやすく、それを防ぐために細心の注意が必要。洗濯機使用可の洗濯表示がある場合は、洗濯ネットに入れ手洗いコースで洗う。白いアイテムと一緒に洗ってしまうと、色が移ってしまう可能性があるので、単独で洗うか、分けて洗うようにする。


レーヨン

RAYON

【シルクに似た独特の光沢と肌触り】

レーヨンは、シルクを模して、パルプやコットンリンターなどを材料に開発された化学繊維で、再生繊維のひとつ。シルクに似た独特の光沢や滑らかな肌触りを持つことから、高級なジャケットの裏地などによく使用されている。ただ水に弱く、濡れると縮みやすいという性質を持つので、レーヨン製のシャツを着る際は、直接着ないで、肌着の上から着用するのが常識。

How to care

お手入れ方法

摩擦に弱く、シワになりやすい素材。シワはアイロンで伸ばすことが可能だが、必ず当て布をして、スチームは使わずにシワを伸ばす。また、水に弱いので、レーヨン素材の服の洗濯はクリーニングに出すのが基本。染まりやすい性質も持っているので、色移りしやすい洋服に重ねて保管するのはNG。

トップへ
戻る