トップ   »  ジャケット特集 秋冬篇 今すぐ買うべき厳選10ブランド

ジャケット特集 秋冬篇
今すぐ買うべき厳選10ブランド

2017年10月25日 更新

昨年に引き続き今季のトレンドも、生地で遊んだり柔らかなジャージーで着心地の良さを追求したりといった、素材に対する関心の高さが顕著。 中でも今季的なのは、より日常的なシーンを想定し、加工や装飾性を活かした生地。 若い世代を中心に広まるセットアップへの興味・憧れが、デザイン・素材感へと反映されています。 つまりは「使いやすく、合わせやすい」がキーワード。
今季モダンブルーがマストだと確信するとっておきのブランドラインアップをご紹介いたします。

BRUNELLO CUCINELLI

ブルネロ クチネリ

着心地満足 ラグジュアリーの代表格

「スポーツ シック ラグジュアリー」をコンセプトに掲げるイタリアきってのハイブランド。着心地の良さ・フィッティングの高さは折り紙つき。モダンブルー特別価格で提供できるまたとないチャンス。

  • CASHMERE×WOOL

    カシミアとラナウールのミックス生地。着心地は軽やかで、温かみのある柔らかな風合いが魅力になっています。
  • MOHAIR×CASHEMERE

    モヘアとカシミアがミックスしたホームスパン調の生地。カジュアルな見た目に対し、ソフトで滑らかな心地良さのギャップが、男の遊び心と知性をアピール。

LARDINI

ラルディーニ

心地良さダントツ。楽ジャケ多し。

1978年創業のイタリアンブランド。生地とシルエットにこだわり、遊びのジャケットとして大人気。ニットジャケットやアンコンジャケットを探している人は特に大プッシュ。

  • CORDUROY

    マットな風合いのコーデュロイ生地をチェックのようなパターンでアレンジしたオリジナルのデザイン生地。
  • JERSEY

    表面を起毛仕上げにしたジャージー素材。アンコン仕立ての柔らかなシルエットが、良い意味でハズシの効いたジャケットスタイルを可能にしています。

LUBIAM

ルビアム

真摯な作りに、ちょっぴり遊びのセンス

1911年に創業したサルトリア業界を代表するメンズブランド。「MADE IN ITALY」の品質の良さを世界中に広めるべく、すべてにこだわり尽くした一級品が揃います。ジャケットは王道路線でありながら、確実にアディクトする高フィッティングにやられます。

  • ASTRAKHAN

    ラナウールをメインに多素材がブレンドされたアストラカン。老舗の貫録あるパターン技術と、厳選素材による漂うエレガンスが大人のジャケットスタイルを完成させます。
  • TWEED

    ウールほか多彩な素材をミックスしたツイード生地。見た目の温かさとクラシックなイメージに加え、ドレープのある柔らかな風合いがリッチ。軽やかな着心地を可能にしています。

GABRIELE PASINI

ガブリエレ パシーニ

ナポリと英国のおしゃれなミスマッチ

「ラルディーニ社」とガブリエレパシーニ氏が手掛ける紳士ウェアブランド。ナポリの伝統に英国の風合いをミックスした独自路線。生地で遊んだり、細部の装飾性を強めたりファッション性が色濃いアイデンティティはモード好き必見。

  • CORDUROY

    コットンコーデュロイを採用。滑らかなベロア風の仕上がりが高級感が生まれています。パイピングが入った大判パッチポケットも新鮮な意匠で個性が際立っています。
  • JACQUARD

    ラナウール、ヴィスコース、ポリアミドといった多彩な素材のブレンドで仕上げられたジャガード生地。リッチな光沢と華やかなデザイン柄、滑らかな手触りが心地良い仕上り。

THE GIGI

ザ ジジ

ニュークラシックというメンズウェアへの挑戦

2014年誕生という比較的新しいブランド。ボリオリの元デザイナー兄弟が手掛けていて、クラシコの要素とトレンドを意識した要素の「ニュークラシック」をコンセプトにしています。生地に対するこだわりが新鮮で、文句なしにカッコイイ。

  • CORDUROY

    太ウネのコットンコーデュロイ生地を採用。裏地にはシャンブレー生地をつかい、洒落心をくすぐるコントラストになっています。
  • BEAVER

    ウールをメインにしたビーバー調の起毛生地。撥水効果もあり、多少の雨でも持ちこたえる頼もしいクオリティになっています。

CRUNA

クルーナ

ヴィンテージと若さのミックス

「現代のヴィンテージ」をコンセプトに掲げる2010年創業のブランド。モダンブルーの今季イチオシのひとつで、当店はセットアップも提案。ジャケット生産は14年からというとまだまだ発展途上でありますが、ヴィンテージとモダンが融合したオリジナルのジャケットはコーディネイトを一変させること必至。

  • COTTON×WOOL

    コットンやウールがブレンドされた生地は引き揃えによるオックスフォード風の丈夫さとカジュアルさを兼ね備えつつ、ウールによる上質な要素が見事に溶け合ったセミフォーマルなクオリティ。

THOM BROWNE

トム ブラウン

完璧主義者が作り出す芸術ファッション

新時代のファッション業界にひと際存在感を放つトムブラウンのPVブランド。伝統に則った美しいパターンメイクを魅力の軸に、デザインの幅を自由に行き来しつつ時代に流されないスタイルを構築してみせる奇跡的なスタイル。

  • FLANNEL

    ウールフランネルの一枚使い。エレガントなスタイルとカジュアルなエッセンスのミックスデザインで、新鮮なジャケットコーデを提案。

GIORGIO ARMANI

ジョルジオ アルマーニ

やっぱり凄いと納得ジャケット

いわずと知れたビッグメゾン。ジョルジオはアルマーニの頂上。生地・シルエット・着心地の三拍子がそろった最高に贅沢で一生モノ。最高の物を探している方には絶対。

  • MIX

    個性的な素材をミックスしたイージーファブリック。楽な着心地でありながら、見映えにフォーマルさも欲しいという洒落者のワガママに応えた逸品です。

CIRCOLO 1901

チルコロ

生地メーカーだからこそ信頼の発想力

イタリアのテキスタイルメーカー「S.G.L社」が母体となったカジュアルブランド。生地メーカーだけあり素材へのこだわりは群ヌキ。トラッドなパターンをベースに、サイズやカラーなどトレンドを取り入れたたのしいラインアップが揃います。

  • JERSEY

    コットンにエラステインがブレンドされたジャージー素材を採用。表面をリアルに再現されたツイード風のプリント仕様で、裏面をソリッドカラーにしたこだわりのダブルフェイスになっています。

ANTONY MORATO

アントニー モラート

この価格でこのクオリティが嬉しい!

今回のラインアップの中で一番モード色が濃いブランドがこのアントニーモラート。毎シーズン最先端のデザイン・スタイルを追い求めています。価格的がリーズナブルであるのも魅力のひとつ。感性にフィットすればリピ間違いなし。

  • TWEED

    ポリエステルとウールをミックスしたツイード生地。薄地で軽やかな風合いで、快適な着用感を実現。クラシックなスタイルを踏襲しつつ、ディテイルにこだわることでワンランク上へ。